悪い業者は本当にいるのか

悪い業者は本当にいるのか

期間限定、無料レポート配布中!

無料お持ち帰りレポート

悪い業者は本当にいるのか

風俗業界には、悪い業者が巣食っている、というイメージをお持ちの方も多いかと思います。数多くの風俗店の売上が、ヤクザのしのぎになっていて、暴力団の資金源として機能している、ということもまことしやかに言われています。たしかに、そういう側面がなくはない、ということは言えるでしょう。しかし、これだけは断言できますが、多くのデリヘル業者は、まじめに頑張る優良店です。確かに女の子の質、ということで言えば、100%万人を満足させることはできません。店員がこの子はいい、と思って雇ったとしても、お客さんにしてみれば、全然タイプじゃないよ、ということも起こりうるからです。しかしその他のところ、電話口での対応や料金設定などの部分で言えば、非常に頑張っている業者が多いのです。

 

 

 

しかし中には、悪い業者がいる、ということもまた事実です。悪い業者というのは、無届けの違法業者をはじめとして、過大広告、ウソの広告を載せているところ、また本当の料金に比して異常に安い料金を示しているところ、などなどです。安い料金プランを示していても、実際にはなんのかんのと理由をつけ、相場よりも高い料金を取るのです。

 

 

 

何度も繰り返しますが、多くの業者は、まじめに頑張っています。大切なのは、どんなお店が悪徳業者なのかを知ることです。

 

 

 

判断基準としては、やはりホームページトップの届け出済みの表記と、そして電話口での対応でしょうか。この両方をクリアーしてはじめて利用する、というぐらいの感じで捉えておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ